女性のための栄養学

タマネギの栄養について

タマネギの栄養について

タマネギは比較的どの家庭にもあり、使い勝手もよい野菜のひとつですね。
タマネギには免疫を高め、コレステロールの増加を防ぐ硫化アリルや、ケルセチンというポリフェノールの一種を含んでいます。

このケルセチンはとても働き者で、体がサビつくのを防いだり、抗発がん作用も期待できます。
さらには血液をサラサラにしたり、脂肪の吸収を抑えたりと年齢性別を問わず、毎日食べていただきたいものです。

ただ、効率よく栄養を摂ろうとするなら「生」で食べるのが一番ですが、そうそうたくさん食べられませんので、いろんな料理に使うようにして、飽きずに長く続けられる調理をしましょう。

ちなみに私は以前、オニオンスライスを大量に食べて激しい胃痛になったことがあります。
刺激も強いのでみなさんも生で頂くときはほどほどに…。

回答してくれるのは・・・

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野美幸さん

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野 美幸さん

釧路市出身。光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業。病院勤務などを経て、管理栄養士の資格取得。現職に就いて9年目。現在は妊婦さんの栄養指導・赤ちゃんの離乳食指導等を行っている。