女性のための栄養学

カリフラワーの栄養について

カリフラワーの栄養について

冬が旬のカリフラワーはアブラナ科の野菜で、ビタミンCやカリウムを多く含むのが特徴です。
クセも少ないのでサラダのみならず、スープや炒めものにも積極的に使いましょう。
カリフラワーに含まれるビタミンCはジャガイモのように熱に強いものなので、免疫力を上げたり美肌の維持にはもってこいです。

でもカリフラワーって何処の部分を食べているのかご存知でしょうか?
実はつぼみのかたまりなのです。ですから鮮度が落ちるとつぼみが開いてきます。買うときは真っ白で硬く締まったものを選ぶとよいですね。
またブロッコリーにも言えますが、切り口がみずみずしいものを選んでください。

最近は色つきのカリフラワーも見かけるようになりましたね。
オレンジはβカロテンが、紫色はアントシアニンが含まれており、病気や老化を防ぐ働きもあるのです。
野菜全般に言えるのですが、色は栄養が多く含まれている証。カリフラワーも例外ではありません。
ロマネスコという尖った形のカリフラワーも、歯ごたえがよくおいしいですよ。
当院では、キュウリとパプリカとカリフラワーでピクルスを作ってサラダとして提供し、人気のメニューとなっています。
酢漬けにすると変色も防げるので、とってもきれいなサラダができますよ。

回答してくれるのは・・・

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野美幸さん

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野 美幸さん

釧路市出身。光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業。病院勤務などを経て、管理栄養士の資格取得。現職に就いて9年目。現在は妊婦さんの栄養指導・赤ちゃんの離乳食指導等を行っている。