女性のための栄養学

ハチミツの栄養について

ハチミツの栄養について

ハチミツは昔から親しまれている食品ですが、おいしいだけではない他の理由があります。上白糖(ふつうの白いお砂糖)と比べると、ビタミンやミネラルが豊富で、カロリーは低め。エネルギーにすぐ変わるので疲労回復にはぴったりです。

学生の頃、母がレモンの皮をむいてスライスしたものを、ハチミツ漬けにして私に食べさせていました。酢やクエン酸にも疲労回復効果があるので、レモンのハチミツ漬けは理にかなったものだったんですね。

その他にも、善玉菌を増やすオリゴ糖も含んでいるので、ヨーグルトや牛乳に混ぜてもよいでしょう。液状なので砂糖よりも滑らかに混ざります。最近のヨーグルトにはあの顆粒状で溶けやすい砂糖がついてないものが増えましたね。代わりにハチミツを使いましょう。

ただし、安価なハチミツにはハチミツ以外のものを混ぜてある場合が多いので注意しましょう。少しお高いですが、100%ものをおすすめします。アカシアやレンゲがポピュラーで食べやすいと思います。

また、健康食品として注目を浴びているマヌカハチミツ(マヌカハニー)は、ピロリ菌に有効とされており、とても高価なもの。味は薬に近い印象で私はあまり食べやすいとは思えなかったのですが、気になる方は一度試されてはいかがでしょうか?

回答してくれるのは・・・

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野美幸さん

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野 美幸さん

釧路市出身。光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業。病院勤務などを経て、管理栄養士の資格取得。現職に就いて9年目。現在は妊婦さんの栄養指導・赤ちゃんの離乳食指導等を行っている。