女性のための栄養学

山椒の栄養について

山椒の栄養について

麻婆豆腐や鰻のかば焼きに添えられていたり、七味唐辛子の材料にもなっている「山椒」。

私たちが普段よく使う「粉山椒」は、山椒の実が熟れて割れた皮の部分を粉にしているのです。
6月が旬の「実山椒」は、香りが強いのが特徴。
ちりめんじゃこを使った「ちりめん山椒」などのレシピに使われます。
ちなみに山椒の葉っぱは「木の芽」として、お造りなどに添えられています。

山椒に含まれている辛味成分“サンショール”には胃腸の調子を良くする働きや、食欲増進も期待できます。
また、香りの成分“ジテルペン”にも胃腸のを活発にし、調子を整える働きがあります。

食中毒の予防にもなるといわれている山椒。
暑さで食欲が落ちやすくなるこれからの季節にオススメです。
いつもは山椒を使わない方も、今年は鰻のかば焼きなどのメニューの添え物として使ってみてはいかがでしょうか?

回答してくれるのは・・・

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野美幸さん

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野 美幸さん

釧路市出身。光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業。病院勤務などを経て、管理栄養士の資格取得。現職に就いて9年目。現在は妊婦さんの栄養指導・赤ちゃんの離乳食指導等を行っている。