女性のための栄養学

南瓜(かぼちゃ)の栄養について

南瓜(かぼちゃ)の栄養について

南瓜(かぼちゃ)の栄養について

涼しくなり、食もすすむ季節になりました。
秋に向けて、さつまいもや栗、新米、梨、りんごなど旬のおいしいものが目白押しですね。
夏から秋にかけて出回る南瓜は女性に人気がある野菜のひとつですが、どんなパワーがあるのでしょう。

南瓜は中までしっかり色のついた緑黄色野菜なのでβカロテンがたっぷり含まれています。
βカロテンは粘膜を強化して免疫力を高めますので風邪予防にもなりますし、抗ガン作用も期待できます。
その他にもビタミンEやCも多いので血流をよくして肩こりなどを防ぎ、体がさびるのも防いでくれます。

これらの栄養素は南瓜の種や皮の部分に多く含まれているので、できるだけ皮をむかない調理法が良いでしょう。
南瓜を皮つきのまま蒸して(茹でて)つぶし、片栗粉を加えて南瓜団子を作ってみてはいかがでしょうか。
多めに作って余った分は棒状にしてラップに包み冷凍しておけば、解凍していつでも食べることができますよ。
焼いて食べるのももちろんおいしいですが、汁物に入れてもおいしいんですよ。
旬のおいしい野菜をしっかりいただいて、すばらしいパワーもいただきましょう。

回答してくれるのは・・・

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野美幸さん

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野 美幸さん

釧路市出身。光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業。病院勤務などを経て、管理栄養士の資格取得。現職に就いて9年目。現在は妊婦さんの栄養指導・赤ちゃんの離乳食指導等を行っている。