女性のための栄養学

鱈(たら)の栄養について

鱈(たら)の栄養について

皆様いかがお過ごしでしょうか?
寒い季節は鍋料理が多くなりますね。
今回は、石狩鍋や鱈ちり鍋など、多くの鍋に合う「たら」の栄養について。

今が旬のたらは北海道や青森で多く獲れる魚です。
たらは旨み成分を多く含みますが、鮮度が落ちると臭みが強くなってしまいます。
透明感がありツヤツヤしたものを選びましょう。
買ってきたらできるだけ早めに調理するのがポイントです。

栄養面では、ビタミンB12やビタミンDが豊富です。
ビタミンB12は葉酸とともに赤血球を作るのに欠かせないもので、タラをはじめ動物性の食品に含まれています。菜食主義者は欠乏に注意が必要です。
貧血を予防して明るい顔色を目指しましょう。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける効果があるのは有名ですが、インフルエンザの発症率を下げる働きも期待できます。
また、低脂肪で胃にやさしい「たら」はダイエット中の方にもおすすめです。

子供からご年配の方まで、家族みんなでとりたいものですね。

回答してくれるのは・・・

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野美幸さん

札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル 管理栄養士 藤野 美幸さん

釧路市出身。光塩学園女子短期大学食物栄養科卒業。病院勤務などを経て、管理栄養士の資格取得。現職に就いて9年目。現在は妊婦さんの栄養指導・赤ちゃんの離乳食指導等を行っている。