広大な日本庭園と氷の料亭
季節を楽しむ和のレストラン

敷地に足を踏み入れると、約1000坪もの広大な日本庭園の眺めに圧倒される和のレストラン「エルムガーデン」。前身は、時の皇族や著名人も数多く訪れた1946年開業の名料亭「エルム山荘」。今も建物の随所に当時の壮麗な面影が残り、雪化粧した庭の幻想的な景色とあいまってなんとも優雅な雰囲気に包まれる。その庭園にこの冬出現するのが、特注の氷のブロックを積み上げて作る氷の料亭「アイスレストラン」。1月6日(土)からオープンし、趣向を凝らした2品を氷の料亭で、続きは暖かな室内でいただく会席コースや、氷の器で提供するカクテル2000円~が飲める「アイスバー」を用意。また、室内での催しは、1月17日(水)から横笛と鼓の演奏を楽しめる「笛鼓会席」も開催。季節ならではのもてなしと、旬の素材をふんだんに取り入れた一流の和の料理。日本の文化と美意識を五感で感じる「エルムガーデン」で、年初めに心豊かなひとときを。

(写真)
日本の四季を映し出す、繊細な和食に舌鼓
年の初めを飾るべく料理長が素材選びからこだわり、腕によりをかけて作る新春の料理。'18年は日本の四季、文化を表現する美しくも繊細な品々が登場。ぜひお楽しみに。

porocoグルメ